いつものこと

あけましておめでとうございます。引っ越しました

投稿日:

あけましておめでとうございます。

ぶりゅです。
みなさま素敵な新年をお迎えのことと思います。

私は昨年の5月半ばから、またまた引っ越し準備をしてきました。
今度は定住をと考えて行動していました。
引っ越しが本当に多い我が家ですが、
子どもたちも大きくなってきて
そろそろ同じ土地にと考えていました。

場所が決まり、打ち合わせを終え秋から家を建てはじめまして
12月の上旬に引き渡しとなり、引っ越しが完了しました。
お正月前にはなんとか片付けをと思っていましたが
新しい学校への通学が決まったり、
クリスマスで夫の実家へ向かったりし
バタバタとしていました

アメリカでは新築の住宅よりも中古住宅の割合が多いです
価値も新築よりも中古でしっかりメンテナンスされているほうが
しっかり評価してもらえたりします
また、開発されている地域などでは
数年後には価値が大幅にあがることもあります
しかし、夫の希望で新築を選ぶことにしました

今回の家の購入場所は、海から近く
開発が進んでいる地域であり、
もともとはリタイアしたご年配の方が多い場所でしたが
最近では子供がいる家庭も急激に増え
小学校が新しくできました
ちょうどその新しい学校が、私たちの家の近くで
昨年秋に開校したばかりの小学校へ転入しました。

ですが、私たちの住むコミュニティはリタイアされた方がとても多く
40数軒が建つ予定の小さなコミュニティですが、そのうち我が家をいれて3軒だけが子供がいる家庭です。
ですのでとても静かで、穏やかな地域です。
偶然裏のお宅が、我が家の子どもたちと年齢的にちかく
スクールバスが一緒なのですが
どちらの子どもたちも、シャイなので
挨拶程度でまだ遊んでいません・・・
(一番上の子は、あちらのお宅の子と数学だけが同じクラスらしく、授業後に一緒にグループで遊んでいるそうですが、バスでの行き来は性別も違うためか、挨拶のみだそうです)

引っ越しばかりで、お友達はそれぞれの学校で得た大切な本当に仲良しの子だけ数人ずつと連絡を今もとっています。
今度はお友達と長くずっとそばにいられたらいいなと思います。

ただ、実は夫の仕事の都合でまた海外転勤の可能性がないわけではないので
その時はどうするかな?と考えてしまいます。

アメリカでは家の購入は一生に1度ではなくて
数年に1度という人も多いです。
それでも私は購入した家は、ずっと住んでいたいと思っているし
子どもたちのためにも、ここにいたいと思います。

クイリングですが・・・
今年は少しはやりたいと思いますが
毎年そんなことを言っておいて何も手を付けていませんよね・・・
なので今回はそれについては言及しないことにしておきます

それでは
新たな一年もみなさまにとって素敵な年となりますよう
お祈りしております

アドセンス大

アドセンス大

-いつものこと

Copyright© QuillLife クイルライフ , 2018 All Rights Reserved.